FC2ブログ
 
■メイプルの今日の一曲w
■ブログ見てくれている人~

現在の閲覧者数:

■プロフィール

xx秀xx

Author:xx秀xx
メイプル

メイン ハーミット  
そのほヵ多数・・・・・
ついでに今ゎ仮引退してるんで^^;

リア

高校①年^^b
野球やる予定だったんですけど
やらないことにしました;;
趣味ゎF1見ることですかね~ww  ☆★☆F1神☆★☆

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■いつも閲覧ありw

■カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ブロとも申請フォーム
■F1 NextRace!!

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
日本GP-予選 08
順位 No. ドライバー チーム ベストタイム

1  22 L.ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1'18.404
2  1 K.ライコネン フェラーリ 1'18.644
3  23 H.コバライネン マクラーレン・メルセデス 1'18.821
4  5 F.アロンソ ルノー 1'18.852
5  2 F.マッサ フェラーリ 1'18.874
6  4 R.クビサ BMWザウバー 1'18.979
7  11 J.トゥルーリ トヨタ 1'19.026
8  12 T.グロック トヨタ 1'19.118
9  15 S.ベッテル STRフェラーリ 1'19.638
10 14 S.ブルデー STRフェラーリ 1'20.167
11 9 D.クルサード レッドブル・ルノー 1'18.187
12 6 N.ピケJr. ルノー 1'18.274
13 10 M.ウェーバー レッドブル・ルノー 1'18.354
14 8 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1'18.594
15 7 N.ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1'18.672
16 3 N.ハイドフェルド BMWザウバー 1'18.835
17 17 R.バリチェロ Honda 1'18.882
18 16 J.バトン Honda 1'19.100
19 20 A.スーティル フォース・インディア・フェラーリ 1'19.163
20 21 G.フィジケラ フォース・インディア・フェラーリ 1'19.910

詳しいことゎ続きで

明日の日本GP決勝ゎ1時10分から?です
是非見てくださぃ
コメ返信ゎ次回にします(サーセン




11日(土)14時から、2008年F1世界選手権第16戦日本GP公式予選が、静岡県の富士スピードウェイで行われた。

セッション開始時の天候はくもり。気温は22℃、路面温度は20℃、湿度は77%となっている。午前のフリー走行はウエットトラック宣言が出されていたが、予選はドライコンディション。一部区間は路面が濡れていることもある状況だ。

予選Q1:20分間

セッションスタートとなり、ネルソン・ピケJr.(ルノー)、中嶋一貴(ウィリアムズ)らを先頭にコースイン。いずれもまずはハードタイヤ(ミディアムコンパウンド)を装着してインストレーションラップを実施した。

序盤は多くのマシンがハードタイヤでタイム計測を実施。まずはルイス・ハミルトン(マクラーレン)が1分18秒232をたたき出してトップに立った。中嶋は1分18秒866で暫定8番手。その後中嶋はソフトタイヤ(ソフトコンパウンド)を履いてアタックに入ったが、タイム更新はならなかった。

セッション残り時間3分となり、この時点でQ1敗退の可能性があるのは、16番手のセバスチャン・ベッテル(トロ・ロッソ)以降、ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)、マーク・ウェバー(レッドブル)、エイドリアン・スーティル、ジャンカルロ・フィジケラ(共にフォース・インディア)の5台。

1分18秒110をマークして暫定トップにつけたフェリペ・マッサ(フェラーリ)から20番手のフィジケラまで、わずか1.9秒差という僅差だ。

残り時間は1分を切り、ハミルトンが1分18秒071をマークしてトップに。しかしグロックが1分17秒945をたたき出し、トップに立った! 中嶋は14番手となり、最後のアタックに入っている。

下位に沈んでいたロズベルグがタイムを更新し、13番手に浮上。しかし中嶋はロズベルグより0.1秒速いタイムをたたき出し、13番手に立った。これでロズベルグは15番手。ここでセッション終了となった。

Q1でノックアウトを喫してしまったのは16番手のニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)、17番手のルーベンス・バリチェロ、18番手のジェンソン・バトン(共にHonda Racing F1)、19番手のスーティル、20番手のフィジケラ。母国レースでHonda Racing F1が2台ともにQ1敗退に終わってしまったが、ハイドフェルドがQ2に進めなかったという展開となった。


Q1で最速タイムをたたき出したのは今週末好調のグロック。Q1で唯一1分18秒の壁を破り、1分17秒945をマークしている。2番手に1分18秒071のハミルトン、3番手に1分18秒110のマッサ。タイトル争いの2人がきっちり上位につけた。

またトヨタのトゥルーリは10番手、ウィリアムズの中嶋は13番手。富士は厳しいと見られていたウィリアムズ勢は、なんとか2台がQ2に進んでいる。

予選Q2:15分間

先頭でコースに入ったのはユーズドのソフトタイヤフェラーリのキミ・ライコネン。まずは1分17秒733をマークした。路面状況は急速に改善されており、マッサは1分17秒287をマークしてトップに立った。

トヨタはQ2でもペースを発揮し、トゥルーリが5番手、グロックが7番手。同じようにトロ・ロッソ勢も速く、ベッテルが6番手、セバスチャン・ボーデが8番手だ。一方ルノーはアロンソが10番手となっている。

Q2には1台しか送り込めなかったBMWザウバーだが、ロバート・クビサは7番手タイムをマークし、グロックを上回った。ウィリアムズ勢はトップ10に入れていない。

セッション残り時間3分を切り、Q2敗退の危機にあるのは11番手のクルサード、12番手のピケJr.、13番手のウェバー、14番手の中嶋、15番手のロズベルグ。中嶋はロズベルグより0.3秒以上速いタイムを刻んでいるが、Q3進出圏内までは0.4秒ほどあり、厳しい状況だ。4番手のライコネン以下、12番手のピケJr.以外のドライバーが最後のタイムアタックに出て行った。

最後のアタックでロズベルグは1分18秒6までタイムを伸ばしたが、15番手のまま。中嶋はベストタイムを更新できず、14番手となった。Q3進出はできなかったものの、まずは目標であるチームメイトを上回ることを達成している。

ここでセッション終了。Q2で敗退してしまったのはクルサード、ピケJr.、ウェバー、中嶋、ロズベルグの5台。



一方トップタイムをたたき出したのはマッサで、1分17秒287を刻んでいる。2番手にコバライネン、3番手にハミルトンと続いたが、トヨタのトロ・ロッソが4番手、グロックが5番手。6番手にベッテルがつけ、ライコネンは7番手だった。8番手にアロンソ、9番手にクビサ、10番手にボーデとなっている。

トップのマッサから9番手のクビサまでが1分17秒台をたたき出し、わずか1秒の間に12台がひしめき合うという接近した戦いがQ2でも繰り広げられた。

予選Q3:10分間

ポールポジションを決める10分間のQ3がスタートし、グロック、ライコネン、トゥルーリ、ボーデという順にコースに出て行った。トヨタ勢はまずはハードタイヤを装着し、タイムアタックに挑んでいる。

最初にタイムを刻んだグロックは、1分19秒623をマーク。ライコネンは1分18秒890、トゥルーリは1分21秒355。ボーデは1分20秒884だ。残りの6台もタイム計測に入っている。

マッサが1分19秒137を刻み、まずはフェラーリが1-2態勢を築いた。ハミルトンは1分19秒163で3番手、コバライネンは0.004秒チームメイトに遅れて1分19秒167で4番手だ。5番手にクビサ、6番手にグロック、7番手にアロンソ、8番手にベッテル、9番手にトゥルーリ、そして10番手にボーデという序列で各車1回目のアタックを終えた。

2回目のアタックを開始したライコネンは、セクター1、2で全体のベストタイムをマーク。1分18秒644を刻んで、トップタイムを更新した。しかしハミルトンがセクター1、2でさらに速いタイムをマークして、セクター3に入った。

ハミルトンは1分18秒404をたたき出した! 一方のマッサは3番手。しかしコバライネンが3番手、アロンソが4番手に立ち、マッサは5番手に落ちた。トゥルーリは7番手、グロックは8番手となっている。

ここで予選が終了。日本GP予選でポールポジションを獲得したのは、マクラーレンのルイス・ハミルトンだった。2番手にはライコネンとなり、フランスGP以来のフロントローを獲得。ハミルトンとは対照的に、タイトル争いのライバルであるマッサは5番手となった。トヨタは4列目からのスタートとなっている。またトロ・ロッソは5列目を占めた。

67周で争われる日本GP決勝レースは、12日(日)の13時30分からスタート。マクラーレン対フェラーリの争いの下で、ルノー、BMWザウバー、トヨタがしのぎを削っている状況が、レースではどういった展開になるか? 注目だ!
スポンサーサイト

テーマ:F1GP 2008 - ジャンル:車・バイク

Formulaone | 23:29:55 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
1  22 L.ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1'18.404
キタ━━━⊂´⌒つ ゚∀゚)つ━⊂(゚∀゚⊂⌒`つ━━━!!
F1まったく興味ないし、だれかしらんけど
2008-10-12 日 00:43:01 | URL | 呂布魔 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。