FC2ブログ
 
■メイプルの今日の一曲w
■ブログ見てくれている人~

現在の閲覧者数:

■プロフィール

xx秀xx

Author:xx秀xx
メイプル

メイン ハーミット  
そのほヵ多数・・・・・
ついでに今ゎ仮引退してるんで^^;

リア

高校①年^^b
野球やる予定だったんですけど
やらないことにしました;;
趣味ゎF1見ることですかね~ww  ☆★☆F1神☆★☆

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■いつも閲覧ありw

■カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■ブロとも申請フォーム
■F1 NextRace!!

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
日本GP-決勝 08
決勝結果

順位 No. ドライバー チーム トータルタイム 周回

FL F.マッサ フェラーリ 1'18.426 

1  5 F.アロンソ ルノー 1:30'21.892 67
2  4 R.クビサ BMWザウバー 1:30'27.175 67
3  1 K.ライコネン フェラーリ 1:30'28.292 67
4  6 N.ピケJr. ルノー 1:30'42.462 67
5  11 J.トゥルーリ トヨタ 1:30'45.659 67
6  15 S.ベッテル STRフェラーリ 1:31'01.099
7  2 F.マッサ フェラーリ 1:31'08.050
8  10 M.ウェーバー レッドブル・ルノー 1:31'12.703
9  3 N.ハイドフェルド BMWザウバー 1:31'16.012
10 14 S.ブルデー STRフェラーリ 1:31'20.977 (25秒ペナルティーで6位から10位)
11 7 N.ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:31'23.988
12 22 L.ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1:31'40.792
13 17 R.バリチェロ Honda 1:30'54.306
14 16 J.バトン Honda 1:30'58.093
15 8 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1:31'09.438
 
 リタイア

21 G.フィジケラ フォース・インディア・フェラーリ ギアボックス 21
23 H.コバライネン マクラーレン・メルセデス エンジン 16
20 A.スーティル フォース・インディア・フェラーリ パンク 8
12 T.グロック トヨタ アクシデントダメージ 6
9 D.クルサード レッドブル・ルノー アクシデント 0





12日(日)の13時30分から、2008年F1世界選手権第16戦日本GP決勝レース(周回数:67周)が、静岡県の富士スピードウェイ(全長4.563km)で行われた。

レーススタート直前のコンディションは気温16℃、路面温度22℃、湿度63%。天候は曇りで気温は低く、肌寒くなった。

前日の予選ではドライバーズ選手権リーダーのルイス・ハミルトン(マクラーレン)がポールポジションを獲得、ランキング4位のキミ・ライコネン(フェラーリ)が2番手につけた。一方、ランキング2位のフェリペ・マッサ(フェラーリ)がまさかの5番手となり、フロントローの2台との間にはヘイキ・コバライネン(マクラーレン)とフェルナンド・アロンソ(ルノー)を挟むことになってしまった。

4列目にはトヨタのヤルノ・トゥルーリとティモ・グロックがつけた。また唯一の日本人F1ドライバーである中嶋一貴(ウィリアムズ)は、予選でチームメイトのニコ・ロズベルグを上回って14番手。

フォーメーションラップがスタートし、全車順調にコースイン。多くのドライバーはハードタイヤ(ミディアムコンパウンド)を装着したが、スタートでポジションを大きく上げたいマッサと後方のルーベンス・バリチェロ(Honda Racing F1)だけがソフトタイヤ(ソフトコンパウンド)を履いている。

全車グリッドに並び、シグナルが点灯。オールシグナルブラックアウトとなり、レーススタート! ライコネンがスタートで抜け出したが、ハミルトンがインから激しいタイヤスモークを上げて第1コーナーに進入。しかしオーバーランを喫し、ライコネンと共にコースを外れた。そのすきにロバート・クビサ(BMWザウバー)が先頭を奪い、オープニングラップを制した。

一方、後方ではデビッド・クルサード(レッドブル)が第2コーナーでコースオフ! 後ろにいた中嶋に接触しながらコースを外れ、激しくクラッシュし、マシンを大破した。中嶋もフロントウイングを壊し、1周目の終わりにピットインを余儀なくされた。

ハミルトンは6番手に落ち、マッサを追う展開になった。しかし、2周目にオーバーテイクを仕掛け、その後マッサに接触されてスピン! 最後尾に落ちたが、なんらかのトラブルを抱えて緊急ピットイン! タイヤ交換と給油を行った。マッサはシケインをカットしてハミルトンに接触した。

レース2周を終えた時点での順位は、首位クビサ以降、アロンソ、コバライネン、トゥルーリ、ライコネン、ボーデ、マッサ、グロック、ピケJr.、ベッテル、スーティル、バトン、バリチェロ、ウェバー、ハイドフェルド、フィジケラ、ロズベルグ、ハミルトン、中嶋。クルサードはすでにマシンを降りた。

レース6周目にグロックがピットイン! マシンになんらかの不調を抱えたようだが、コースには復帰した。しかし、大きくポイント圏内から脱落してしまった。

レースは7周目。7番手を走っているマッサはボーデを追ったが、ついていくのがやっとという状況だ。またグロックが再びピットインし、ガレージにマシンを収めて降りた。トヨタはレース序盤で1台を失うことになってしまった。


8周目にライコネンが300Rでスリップにつき、ターン10のダンロップ・コーナーでトゥルーリをパス! 4番手に浮上した。またスーティルが右リアタイヤをバーストさせ、ホームストレートでストップ。昨年ポイントを獲得した得意のサーキットだったが、序盤で姿を消した。

レースは10周目。クビサは2番手アロンソに1.8秒差をつけて首位走行。アロンソから3番手コバライネンまでは1.5秒差だ。その1.3秒後ろにはライコネン。マッサはボーデをかわせず7番手だ。

この時点でリタイアしたのは3人。クルサードはオープニングラップのセクター1でクラッシュし、グロックはトラブルを抱えガレージ内でマシンをストップ。そしてスーティルはタイヤバーストに見舞われ、ピットレーン出口でマシンを止めた。

レース11周目にFIAから、ライコネン、マッサ、ハミルトンが審議対象になったと発表された。ライコネンはオープニングラップにイエローフラッグ区間でピケJr.をかわした可能性があり、マッサとハミルトンは2周目に接触があった。

12周目にコバライネンが1分19秒258というファステストラップをマーク。この時点でクビサ、アロンソ、コバライネン、ライコネンというトップ4台、そして7番手のマッサは1分19秒台で周回していた。

レース17周目に3番手のコバライネンがストップ! エンジン周辺のトラブルに見舞われた様子だ。またハミルトンとマッサにそれぞれドライブスルーペナルティが下された。ハミルトンはスタート直後の第1コーナーでほかのマシンを抑えながらコースオフした件について、マッサは2周目にハミルトンに接触した件についてのペナルティだ。

18周目にクビサ、アロンソ、ライコネンがピットイン。アロンソは燃料搭載時間を短くし、クビサの前に出た。これで先頭にはトゥルーリだ。

トゥルーリは22周目にピットストップ! 8.1秒で作業を終え、ウェバーの後ろとなる8番手でコースに戻った。3番手走行中のベッテルも23周目にピットに入った。

レースは25周目。上位勢でまだピットに入っていないのは先頭ボーデ、2番手ピケJr.、6番手ウェバー、9番手ハイドフェルド。実質的には1回目のピットインを済ませたアロンソが先頭、クビサが2番手だ。

レースは27周目。ボーデがピットに入り、ピケJr.が先頭に立った。そのピケJr.は28周目にピットイン。コース復帰後、ボーデの前にねじ込み、6番手となった。

これで多くの上位勢が1回目のピットストップを終了。33周目の順位は首位アロンソ、2番手クビサ、3番手ライコネン、4番手ウェバー、5番手トゥルーリ、6番手ピケJr.、7番手ボーデ、8番手ベッテル。このうち、ウェバーはまだピットに入っておらず、1ストップ作戦の可能性が高い。

先頭アロンソは2番手クビサに9秒差をつけている。ラップタイムもクビサよりコンスタントに0.5秒以上速い。またこの時点で1分19秒台を刻んでいるのはアロンソ&ピケJr.のルノー勢のみだ。

レースは40周目。先頭アロンソ、2番手クビサ、3番手ライコネン、4番手トゥルーリ、5番手ピケJr.、6番手ボーデ、7番手ベッテル、8番手ハイドフェルドという序列になっている。一方、マッサは11番手、ハミルトンは13番手だ。中嶋は15番手を走っている。

43周目に先頭アロンソが最後のピットイン! 8秒弱でピットストップを終え、コースに復帰。これでクビサが先頭に立った。またライコネンが45周目に1分19秒076というファステストラップをマークした。

クビサは46周目にピットイン! 7秒の静止時間でコースに戻ったが、アロンソの後ろ、7番手でコースに復帰した。これで最後のピットストップを終えていないライコネンが先頭に立った。

そのライコネンは48周目にピットに入り、7.4秒の静止時間でコースに復帰。クビサと僅差のバトルになったが、なんとかクビサが前に出た。しかしチェッカーが振られるまで激しいバトルになりそうだ。49周目にマッサが1分18秒963というファステストラップを刻んでいる。

その後トゥルーリとピケJr.がピットに入ったが、ピケJr.が前! これで上位勢のほとんどがすべてのピット作業を済ませ、先頭アロンソ、2番手クビサ、3番手ライコネン、4番手ピケJr.、5番手トゥルーリ、6番手ボーデ、7番手ベッテル、8番手ウェバー。

レース残りは10周。2番手クビサと3番手ライコネンのタイム差は1秒。また、4番手のピケJr.がライコネンよりも速いタイムで周回しており、ギャップは0.8秒。昨年と同じく、レース終盤の2、3、4番手争いは激しくなった。

レースは残り8周。先頭のアロンソと2番手クビサのギャップは13秒に広がっており、アロンソはすでにクルージングモード。クビサとライコネンの差も2秒になり、ピケJr.はミスもあってライコネンから8秒遅れた。一方、9番手のマッサは8番手のウェバーよりも1.5秒速いラップタイムで周回。マッサは先ほどボーデと第1コーナーで接触してハーフスピンしたため、レース後に審議されることが決定している。

マッサは残り3周となったところでウェバーをオーバーテイク。ポイント圏内に浮上した。これで順位は首位アロンソ、2番手クビサ、3番手ライコネン、4番手ピケJr.、5番手トゥルーリ、6番手ボーデ、7番手ベッテル、8番手マッサとなった。

アロンソがついにファイナルラップ! 周回遅れのハミルトンを先に行かせる余裕も見せ、マシンを左右に振りながらチェッカーを受けた! これでシンガポールGPに続いて2連勝を達成した。

2位クビサ、3位ライコネン、4位ピケJr.、5位トゥルーリ、6位ボーデ、7位ベッテル、8位マッサまでがポイント圏内。9位以下はウェバー、ハイドフェルド、ロズベルグ、ハミルトン、バリチェロ、バトン、中嶋。ここまでが完走となり、フィジケラ、コバライネン、スーティル、グロック、クルサードの5台がリタイアとなった。

ファステストラップはマッサがマークした1分18秒426。今シーズン自身2回目、フェラーリは今シーズン12回目のファステストラップ獲得となった。

2008年第17戦となる次戦は、上海インターナショナル・サーキットで開催される中国GP。日本GPに続くダブルヘッダーとして、2週連続開催だ。決勝レースは10月19日(日)に開催される。最初のセッションとなる金曜フリー走行1回目は、17日(金) の日本時間11時(現地時間10時)からスタートだ。お楽しみに!

スポンサーサイト

テーマ:F1GP 2008 - ジャンル:車・バイク

Formulaone | 20:10:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。